なんであの子は願いが叶うの?新月・満月の願い事を書いて叶う人と叶わない人の違い

ビューティーマインド
スポンサーリンク

書くだけで願いが叶う!?

新月の日、満月の日に願い事を書くと叶いやすいと言われています。

ただ書くだけで、願いが叶うなら…!と書く方も多いはず。

ただ、新月・満月の日に願い事を書いても、

本当に叶うものもあれば、何年も叶わないものもありませんか?

なぜ、書いても願いが叶わないのか??

それには、3つの理由があります。

スポンサーリンク

新月・満月のお願い事を書いても叶わない理由1 否定のエネルギー

理由1:書いた直後にどうせ叶うはずない…無理だよ…と否定している

ひとつめは、願い事を書いてすぐに、

どうせ叶うわけない・・・

無理に決まってる・・・

と、自分の願いを即否定していることです。

せっかく、願いや未来への希望を書いて

気持ちが、パァ~~~っとなっているそばから、

やっぱ無理無理!どうせ無理無理!

って、思ってませんか?

叶わなかったらどうしよう・・・とか

もう何回も同じこと書いてるけど叶わない・・・

と、不安になったり。

不安になったり、焦りの気持ちを出してしまうと

自分で、自分の願いにブレーキをかけていることになります。

未来は、今この瞬間に、自分が発しているエネルギー(感情)からつくられます。

願いを書いて叶うというより、

書いている時にキラキラしたパワフルなエネルギーが出るから、

それが望む現実をつくる元となります。

良いエネルギーを出した直後に不安とか焦りのエネルギーで打ち消したら

それは自ら叶うチャンスをつぶしているのと同じ。

じゃあ、もし、書いた直後に、

どうせ叶わないよ・・・無理かも・・・

という気持ちが出てきたらどうすればいいかというと。

叶わないって思うのも当然!当たり前だよ!って、不安な気持ちも認めて、

そうか、そう思うのも当たり前か・・・って

自分をホッとさせましょう。

そうすれば、願いを打ち消すエネルギーは、消えてくれますからね。

スポンサーリンク

新月・満月のお願い事を書いても叶わない理由2 タイミング

理由2:願いが叶うまでには時差がある
 
2つめの理由は、願い叶うまでには、時差があるということです。
 
書いてすぐ叶ったならうれしいですが、それはなかなか難しいこと。
 
なぜなら、この世は時差があるからです。
 
イメージしてもすぐに現実にならないのは、ここが3次元で、時間軸があるから。
 
作物の種を植えても、翌日に実がなってるりんごなんてことがないように、願いも同じなんです。
作物の種を植えたら、大体半年くらいかかって実がなりますよね。
 
これが自然の摂理であり、
現実化には、基本的に半年くらいの時間が必要ってことなんです!
 
だから、願いを書いて良いエネルギーを出せたとしても一瞬で叶うわけではありません。
 
自然の流れにあわせて、ジワジワ変化していくものですから、
焦らず、願いに水や肥料をあげる感覚で、ホッとしたエネルギーを出し続けていきましょう。
 
 
スポンサーリンク

新月・満月のお願い事を書いても叶わない理由3 偽りの願い

理由3:自分に嘘をついた願いだから叶わない

3つめは、自分に嘘をついた願いだから叶わない!ということ。

これが自分の心からの願いだと思って

願い事を書いていたとしても、

それは無自覚で、自分に嘘をついた願いかもしれません。

普段我慢ばかりしていたり、あまり寝ていなかったり、自分に厳しくしていると、

本当の自分を見失っていることがあります。

そんな自分を見失っている状態から、出てきた願いはダミーなことが多いのです!

とくに、何度も同じことを書いているのに

叶わないという内容については、

自分に、嘘をついて書いている願いの可能性が高いですね。

本当はそうならなくていいものだから叶わない。

叶ってしまったら、逆にあなたが困ることになるから。

あなたの魂が、望む願いでない場合は、叶いません。

願いごとを書くよりも、自分に嘘をつくことをやめるのが先なのです。

新月・満月の願い事の内容、書いている時の気分を見直すところから始めてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
幸せアドバイザー さなえ
幸せアドバイザー さなえ
悩める女子たちを幸せに導くためのエッセンスを発信中。自分と向き合うことで幸福度が上がっていく持論を展開。
タイトルとURLをコピーしました