冬物ニットを型崩れさせない!便利な洗濯グッズ!ダイソーと3COINS製品を比較

ライフスタイル
ママライターりか
ママライターりか

ニットやカーディガン、セーターのお洗濯。
気を使うし、伸びたり、型崩れしたり失敗しちゃうこともありますよね…

スポンサーリンク

冬物ニットやカーディガン、セーターを干すのには、平干しできるネットハンガーが便利!

冬物ニットやカーディガン、セーターを干すとき、どうしてますか?

私はずっとハンガーにかけて干していたんですが、首元や袖が伸びてしまったり、肩の部分が型崩れしてしまったり・・・

どうしたものかと思っていた時に、平干しできるネットハンガーを知りました!

 

スポンサーリンク

ダイソーの型くずれ防止セーター干しネット

ニットやカーディガンを平干しできるネット、100円で手に入るんです!!!

 

ママライターりか
ママライターりか

100円ショップは本当、なんでも売ってるな~
主婦の強い味方!

これが、ダイソーで売っているセーター干しネットです。

袋から出したらこんな感じ。

畳めるので、コンパクトです。

広げると、結構大きい!

直径60cmあります。

実際にニットを干してみると・・・

四方にある4本の紐でバランスをとっているので、それぞれの紐の長さは自分で整えます。

紐は上の中心部分で、固定されているわけではないので、自分で均等にしないと水平になりません。

ハンガーフックなので、竿などにしっかり挟むことができます。

ただ、服をネットの上に乗せているだけなので、風が強い日などは注意!

私は、風で飛ばされないか不安な時、ニットの端の方とネットを洗濯バサミで止めています。

使わない時は、コンパクトに畳めるので収納も楽チン!

100円ですが、ネット部分も破れたりすることもなく、丈夫です。

数回使っていますが、便利!!

 

スポンサーリンク

3COINSのセーター干しネット

ダイソーのセーター干しは、セーター一枚干し用ですが、スリーコインズでは二段干しができるタイプが売っています!

袋から出したらこんな感じ。

二段式ですが、畳めるので、コンパクトです。

広げると、ダイソーの商品と同じくらい。

こちらは、ダイソー商品。

実際にニットを干してみると・・・

ダイソー商品に比べると、全体的にしっかり感があります。

100円と300円商品、やっぱり質が違いますね!

大きな違いは、二段なので幅を取らずに、一気に二枚干せることと、

ネットの周りに、落ちにくいガードが付いていること。

ガードが付いているので、洗濯物が知らぬ間に落ちていた!!なんてことが防げます。

これは、助かる!

ママライターりか
ママライターりか

子供のお風呂のおもちゃを干したり、ぬいぐるみを洗濯した時に干すのにもぴったり。

ダイソーの商品と違って、四方の紐は固定されているので、常に水平を保ってくれます。

ただ、一つ気になるのは、フックの部分。

ダイソー商品のように、ハンガーフックではなく、S字っぽいフック。

この部分だけ、チープです・・・

でも、干していて落ちたりすることもないので、問題なく使えます。

使い終わった後は、こんなにコンパクトに。

二段式でも、収納時はダイソー商品と一緒で、小さく畳めます!

 

スポンサーリンク

ダイソーと3COINSのセーター干しネット、どっちが良い!?

ダイソーとスリーコインズの、セーター干しネットを使ってみて、それぞれ良い部分がありました!

・100円でも、問題なくニット等が干せるので安く済ませたい人はダイソー商品がオススメ

 

・ダイソー商品は、一枚ずつしか干すことができず何個も並べると幅を取るので、洗濯スペースが狭い人はスリーコインズの二段式がオススメ

・ダイソーのセーター干しネットは、紐がずれやすいので、均等にするのがひと手間かかる

・スリーコインズのセーター干しネットは、ガードが付いているので服が落ちにくい

・スリーコインズ商品は、ハンガーフックではないのでフックの部分がちょっとチープ

 

ママライターりか
ママライターりか

私は、その時の洗濯枚数や、風が強いかどうかなどで二種類を使い分けていこうと思ってます。
どちらも便利!

 

スポンサーリンク

スライドバスタオルハンガーも、ニットやセーターを干すのに使える!!

セーター干しネットは便利だけど、場所をとるから困る・・・という時にオススメなのがこれ。

ダイソーのスライドバスタオルハンガーです!

これは、本来バスタオルを干すための商品なんですが、ニットやジーパンなどを干すのにも良いんです。

スライド式なので、服の幅に合わせてハンガーの長さを調節できるし、ハンガーに留め具が付いているので、服をしっかり押さえてくれて飛ばされる心配がありません。

絶対に伸ばしたくない!という服にはオススメできませんが、薄手のニットなどはこうやって干すと、場所も取らず便利です。

 

スポンサーリンク

ニットやセーターが型崩れしない、ハンガーのかけ方

せっかく、綺麗に洗濯したなら、保管も綺麗にしたいですよね。

なるほど!と思った動画があったので、早速私も真似してます。

ニットやセーターが型崩れしない、ハンガーのかけ方
ニットやセーターが「型くずれ」しないハンガーのかけ方 ライフハック

1.ニットを縦半分に畳みます。

Youtubeより

2.ハンガーをこの向きでニットの上に置きます。

Youtubeより

3. 袖をハンガーに通します。

Youtubeより

4. 上にかぶせます。

Youtubeより

これで、型崩れしない~!!
 

クローゼットに入れる時は、このかけ方にしていますが、いい感じです!

最初に、ニットの上にハンガーを置く向きを間違えると、うまくできないので、向きはしっかりチェック。

ママライターりか
ママライターりか

ようやく暖かくなって、お洗濯日和も続いてますね。
面倒なニット類の洗濯も、セーター干しネットがあったら怖くない!!

The following two tabs change content below.
ママライター りか
ママライター りか
元気いっぱい3歳男児のママ。子育て情報、ママに役立つ情報をリアルタイムに発信中。
タイトルとURLをコピーしました