ミュージアムパーク茨城県自然博物館は恐竜好きの子なら100%楽しめる!恐竜も遊びも夢中になれる

子育て
ママライターりか
ママライターりか

ゴールデンウィークのお出かけは、恐竜好きな息子のために、恐竜ざんまいにしたい!
東京からもそこまで遠くない、茨城県自然博物館に出かけてきました。

スポンサーリンク

ミュージアムパーク茨城県自然博物館とは

ミュージアムパーク茨城県自然博物館は、茨城県板東市にある、博物館と大きな公園がある施設です。

博物館内の展示だけでなく、野外展示もあるユニークな博物館。

動く恐竜のジオラマが、迫力満点で、博物館の概念を壊されます!!

屋外では、広大な森や広場、橋、遊具があって、自然と触れ合いながら、虫や植物を見つけたり、思いっきり体を動かすこともできます。

 

スポンサーリンク

アクセス

ミュージアムパーク茨城県自然博物館は、周辺の駅から離れた場所にあるため、車かバスでの行き方になります。

車の場合は、常磐自動車道、谷和原インターから20分。

圏央道、板東インターから25分程度です。

約1000台収容可能な、無料の駐車場があります。

 

ママライターりか
ママライターりか

ゴールデンウィーク中で、混み合っていましたが駐車場は意外と広くて、とくに待たされることもなく、すんなり車を停めることができました!

バスの場合は、つくばエクスプレス「守谷駅」西口から出ている、関東鉄道バス「岩井行き」で30分、「自然博物館入り口」で降りたら歩いて5分程度です。

バスは、一日に3~4本程度だそうです。

もしくは、東武アーバンクライン「愛宕駅」から茨城急行バス「岩井車庫行き」に乗って15分、「自然博物館入り口」で降りて徒歩10分程度で着きます。

こちらのバスは、1時間に1本程度だそう。

 

スポンサーリンク

ミュージアムパーク茨城県自然博物館料金・開館時間

入館料がかかるのは、小学生から。

本館・野外施設共通券と野外施設のみのチケットがあります。

 本館・野外施設野外施設のみ年間パスポート
企画展開催時通常時
一般740円530円210円1,540円
満70歳以上370円260円100円

高校・大学生

450円330円100円1,030円
小・中学生140円100円50円310円

今回は、企画展がやっていたので、企画展開催時の料金でした。

一般740円です。

チケットにも、恐竜がプリントされていて、息子は大喜び!

 

博物館には無料入館日があります!

みどりの日(5月4日)・環境の日(6月5日)・茨城県民の日(11月13日)・春分の日はサイエンスデーとして、入館料が無料になるそうです。

また、小中高生は、毎週土曜日が入館無料に。

満70歳以上の方は、1月・4月・7月の第3土曜日と9月15日~21日までの間が、無料になるそうです。

 

ミュージアムパーク茨城県自然博物館開館時間と休館日

午前9時30分~午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

休館日は、毎週月曜日と、年末年始(12月28日~1月1日)です。

月曜日が祝日の場合は、月曜日に開館し、翌日以降に休館になるそうです。

 

スポンサーリンク

ミュージアムパーク茨城県自然博物館を100%楽しむ

ミュージアムパーク茨城県自然博物館は、本館と野外展示の2つに分かれています。

本館は、3階建ての博物館。

正面入口は、2階です。

野外は、広大な森をそのまま利用して、広場やデッキ、橋、遊具などがあります。

 

スポンサーリンク

本館2階は盛りだくさん!恐竜に宇宙に森林に!

博物館の正面出入り口は、2階のため、上から下に降りる流れで見学することになります。

2階入ってすぐには、シンボル展示が。

世界最大級の松花江マンモスの化石が、お出迎え。

体長9.1m、高さ5.3mなのでかなり迫力あります。

息子は、びっくりしてこわーい!!とおびえていました。

ヌオエロサウルスも、大きかったです。

最初のコーナーは、進化する宇宙。

宇宙のあれこれを学べます。

天井も照明も、宇宙をイメージしていて、綺麗でした。

息子は人工衛星の実験に、ハマっていました。

結構大きな音が出るので、ビクッとしていましたが笑

続いて、今回のメイン!!!

地球の生いたちエリア。


動く恐竜のジオラマは、圧巻です!!

大きなティラノサウルスと、トリケラトプスが向かいあって、威嚇しあっていました。

人気のコーナーで、結構人だかりができていましたが、小さな子達は迫力にびっくりしてあちこちで泣いている声が・・・

恐竜大好きな息子も、さすがに怖かった様子。

抱っこでかなり、私にしがみついていました。

でも、おびえながらも

「ティラノサウルス!」
「トリケラトプス!」

と、それぞれの姿を見ながら、名前を言えていました。

なかなか、この迫力で動く恐竜のジオラマはないので、大人でも見ていて楽しかったです。

博物館の概念を、覆されました!!

ジオラマの後ろには、大きな化石がたくさん。

こちらもなかなか迫力ある。

息子は、人間の進化をじっと見つめていました。

先を進むと、自然の仕組みエリアへ。

森林の生態系が学べるエリアは、かなり細かく森が再現されていました。

森の中に迷い込んだような気分に。

動物の模型に触れるコーナーがあったり、

望遠鏡で木の上の鳥や小動物たちを、観察できたり。

水の生き物コーナーでは、実際に魚が泳いでいて、水族館気分も味わえました。

生命のしくみエリアでは、顕微鏡の中の世界を楽しめます。

人間と環境のエリアでは、絶滅した動物などの展示も。



ホッキョクグマからのメッセージ。

2階の天井には、上から吊るされた展示物もたくさん。


大きなサメが怖い!!

海底探検シュミレーションも、人気でした。

潜水館の中に入って、海の中の映像を見られるコーナーです。

10分程度の映像が流れ、交代制です。

息子は並んで待てず、断念。

 

スポンサーリンク

本館1階は茨城の自然が学べる&企画展示が豪華

1階に移動すると、ディスカバリープレイスが広がっています。

茨城の自然について、学ぶことができます。

そして、年に数回様々なテーマで開催される、企画展。

今回は、「第74回企画展 体験!発見!恐竜研究所」が開催されていました。

日本初、三体の暴君(ティラノサウルス)が君臨!!

これは、ティラノサウルス好きは、見るしかない!!

見応えたっぷりです。

実際に触れる展示も。

この企画展示は、2019年6月9日までやっているそうです。

 

スポンサーリンク

野外エリアは、思いっきり自然を感じながら遊べる!

博物館内を一通り楽しんだ後は、ご飯を食べて、野外展示へ。


博物館の外は、こんな広い草原が広がっています。

息子、ひたすらダッシュ。

ついていくのが大変!

野外エリアは、22のエリアに分かれていて、遠いところだと本館から8分くらい歩くことになります。

館内マップに、本館からの徒歩所要時間が書かれているので、助かりました。

時間的に、全部は回れなかったので、夢の広場を目指すことに。

途中、昆虫の森があったり、あめんぼデッキがあったり。

池にはカエルがいるようで、鳴き声が響いていました。

どんぐりの森を通って、夢の広場へ。

ここには、巨大トランポリンがあるんです!!

ただの、フワフワトランポリンとは一味違って、なんと下も繋がっている。

さすがに、3歳の息子にはまだ難しかったので、ひたすら上でぴょんぴょんしてました。

親は、トランポリンの周りで、見守ります。

こういうところは、何時間でもいられる勢いの息子。

汗びっしょりになりながら、とても楽しんでました。

ママライターりか
ママライターりか

子供の体力すごすぎる。こんなにジャンプして頭痛くならないのかしら…笑

 

スポンサーリンク

レストランのご飯が手頃な価格な上に、美味しくてびっくり!!

ミュージアムパーク茨城県自然博物館は、館内のレストランも要チェックです!!

私の勝手な思い込みですが、博物館とか水族館などのご飯って、高いしあんまり美味しくない・・・というイメージがあるんですが。

ここは、雰囲気も良いし、清潔感もあるし、何よりご飯がとっても美味しい!!

値段もお手頃です。

子連れでも、快適に食事ができました!

景色も、窓の外には、青い空と緑が見えて開放的!!

息子は、お子様カレーを注文。

私は、ミュージアムパーク茨城県自然博物館名物の、恐竜発掘カレー(骨付き肉)を頼んでみました。

恐竜発掘カレー(骨付き肉)税込、850円です。

結構ボリュームありました!!

恐竜に見立てた、骨つき唐揚げが真ん中に乗っかっています。

カレーに乗っていたポテトも、サクサクで美味しかった!

そして、恐竜カレーには、楽しいあたり付きゲームが。

カレーの中に、恐竜の形の人参が入っていたら、景品がもらえちゃうんです。

ないかな~と、食べ進めていくと・・・

ありました!!

恐竜の形の人参!!

店員さんに、声をかけて景品をもらっちゃいました。

トリケラトプスの、消しゴム型フィギア。

息子、とても喜んでいました。

ご飯だけじゃなく、ソフトクリームがあったりジュースも豊富にあるので、休憩で使うのもオススメなカフェレストランです。

 

スポンサーリンク

まとめ

博物館と聞くと、3歳児にはまだ早いかな?難しいかな?と思っていましたが、ミュージアムパーク茨城県自然博物館は、まったく問題ありませんでした!

博物館デビューに、オススメです!

恐竜以外にも、見応えたっぷりで3歳の息子も、とても楽しんでいました。

博物館内は、休憩コーナーやトイレが所々にあって、小さい子と一緒でも安心。

レストランのご飯も美味しかったので、大満足。

自然に囲まれて、癒されたり、思いっきり走り回ることもできました。

もっと時間があったら、野外展示のエリア全て回りたかったです。

1日中過ごせる、毎日来たいと思えるような、素敵な博物館でした!

The following two tabs change content below.
ママライター りか
ママライター りか
元気いっぱい3歳男児のママ。子育て情報、ママに役立つ情報をリアルタイムに発信中。
タイトルとURLをコピーしました