USJで3歳が乗れるアトラクションまとめ

子育て

9月半ばに、3歳の息子を連れて初のUSJに遊びに行って来ました!

USJは、ハリーポッターとかジュラシックパークやジョーズのイメージしかなかったので、完全に大人向けのテーマパークだと思っていましたが・・・

3歳の子供でも、楽しめるアトラクションがたくさんありました!

 

スポンサーリンク

3歳の息子が乗ったアトラクションまとめ

USJのアトラクションは、年齢よりも身長が足りているかが重要。

身長制限がないのは、ユニバーサル・ワンダーランド内にある、ビッグバードのビッグトップ・サーカス(メリーゴーラウンド)か、ハローキティのカップケーキパーティー(コーヒーカップ)くらいです。

最初の身長の壁は、92cm。

92cmあれば、付き添い者必須ですが、乗り物に乗ることができます。

 

ミニオンパークのアトラクション

●ミニオン・ハチャメチャ・アイス

4人乗りのアトラクションです。

前列と後列に2人ずつ乗ることができます。

氷の上を滑っているように、乗っているビークルが前後左右にぐるぐる移動します。

コーヒーカップのようだけど、動きは不規則で右に行ったり、左に行ったり、反対周りをしたりと、予測不能!

結構スピードが出るので、大人の方が目が回りそうに・・・

一度に10台のビークルが、ハチャメチャに移動するので、ぶつかりそうなスリルを味わえます。

アトラクションに乗っている最中は、ミニオンズの笑い声や、映画で使われている音などが聞こえてきます。

所要時間は2分ですが、長く感じました!

息子は怖がることなく、ミニオンの真似をしながら、楽しんでいました!

 

ユニバーサル・ワンダーランドのアトラクション

ミニオン目当てで行ったUSJですが、ミニオン・ハチャメチャ・ライドの方が身長が少し足りず、乗れなかったので、あとはユニバーサル・ワンダーランドのアトラクションで楽しみました。

 

●フライング・スヌーピー

フライング・スヌーピーはスヌーピーの背中に乗って、空を飛んでいる気分になれるアトラクション。

見た目も可愛く、いつも混んでいる人気のアトラクションです。

定員は2人。

座席ごとに、ラップバーがあり、小さな子供でも安心です。

意外と高く上がるので、浮遊感が楽しいです。

座席の真ん中にあるレバーを操作すると、自分の乗っているスヌーピーの高さを自由に変えられます。

高くしたり、低くしたり、スリル満点。

飛行機好きな子供も喜ぶアトラクションです。

 

●スヌーピーのグレート・レース

屋内型プレイランド「スヌーピー・サウンド・ステージ・アドベンチャー」の一角にある、室内ジェットコースターです。

所要時間は1分で、あっという間ですが、結構スピードが出ます。

ミニローラーコースターですが、大人でも悲鳴が聞こえていました。

ジェットコースターの終盤で、雷が鳴ったり音の演出も派手です。

息子は、暗かったのと雷の音が怖かったようで、終わったあと泣いてしまいました。

ジェットコースター自体は、大丈夫な子なのですが・・・

臆病な子には、ちょっと刺激が強いかもしれません。

 

●ハローキティのカップケーキ・ドリーム

*公式ページより

カラフルなカップケーキの形をした、コーヒーカップです。

身長制限もなく、くるくる回さなければとても平和なアトラクションです。

可愛い色合いとキティちゃんの声に、ときめきます。

 

●エルモのリトル・ドライブ

息子が、お気に入りだったエルモのリトル・ドライブ。

身長が92cm以上なら、1人で乗ることができるアトラクションです。

付き添い者は、出口付近の柵から見守りながら、応援するように指示されます。

可愛いエルモの車は、赤と黄色と青の3色から、好きな色を選んで乗れます。

ミニゴーカートですが、自分でアクセルペダルを踏んだり、ハンドルを回さなければぶつかってしまうので、意外と本格的。

子供たちは、他の子を気にしすぎて、ぶつかってしまったり、ちょっと競いあったり・・・

2、3人のクルーが見守っていてくれるので、縁石にぶつかって動けなくなったら、すぐにカートの向きを直してもらえます。

息子は、計3回乗ったくらい、大好きなアトラクションです。

 

●エルモのゴーゴースケートボード

遊園地にある、バイキングのようなアトラクションです。

スケートボードの形をしていて、中央にはエルモが立っているので、見た目はキュート。

でも、バイキングのように左右に大きく揺れるので、けっこう怖いです。

高さはそこまでありませんが、ただ左右に揺れるだけでなく、弧を描いて回転していきます。

息子と一番端の席になってしまい、一番スリル満点な場所に座りました。

バイキングが苦手な私は、手に汗・・・

息子は、最初はちょっと怖がっていましたが、終わったあとはケラケラ笑っていました。

「もう一回やりたーい」と言っていたので、怖くなかったようです。

真ん中寄りの席に座れば、揺れも少なく、そこまでスリルはないと思います。

両サイドの、一番端はてっぺんから落ちる時の、あのお腹がスーッとなる感覚がヤバい!!

 

●モッピーのバルーン・トリップ

気球の形をした、ゴンドラに乗って楽しむ飛行型アトラクションです。

ゆっくりと、空の旅を楽しめます。

飛行中はずっと、モッピーがハロウィンの歌を歌ったり、おしゃべりしてくれます。

ハンドルを回せば、乗っているゴンドラが単体で、くるくる回って、コーヒーカップのような雰囲気も味わえます。

景色を楽しむこともできる、穏やかなアトラクションです。

ゴンドラは、意外と高く上がるので、高いところが苦手な子は注意!

息子は、バルーン・トリップも気に入って、2回乗りました。

 

●エルモのバブル・バブル

屋内型プレイランド「エルモのイマジネーション・プレイランド」の中にある、水を使ったアトラクションです。

屋内にあるので、天候を気にせず楽しむことができます。

水に浮かんだ、金魚ドロシーに乗って、クルージング。

2人乗りで、子供が前、付き添い者が後ろに座るように案内されました。

所要時間は3分で、ゆったりと水の上を進んでいきます。

エルモの可愛い台詞が聞こえてきて、癒されます。

ぷかぷか揺られながら進むので、怖さはありません。

ただ、最後にちょっとした傾斜になっている山のような部分があるので、そこだけ一瞬スピードが出ます。

傾斜をふわっと落ちるので、少し水しぶきがかかります。

服がびしょびしょになってしまうレベルではないので、安心。

 

●ビッグバードのビッグトップ・サーカス

ビッグバードのビッグトップ・サーカスは、色々な動物たちに乗れるメリーゴーラウンドです。

ゾウや馬、キリンなど、カラフルな動物たちに、子供たちは大喜び。

息子と夜に乗りましたが、キラキラして綺麗でした。

付き添いがあれば、身長関係なく乗れます。

小さな子でも乗れることから、人気のアトラクションです。

息子は、カエルに乗ってご満悦。

 

●エルモのイマジネーション・プレイランド

屋内遊び場のように楽しめる、子連れには快適なゾーンです。

暑い日や雨の日も、天候を気にせず遊べます。

トイレやおむつ替えスペースも、綺麗で広々しているので、小さな子と一緒でも安心。

 

・バートとアーニーのワンダー・ザ・シー

公式ページより

ボールプールと滑り台があります。

クルーの方が、滑り台のところで安全を確認してから、1人ずつ滑らせてくれます。

息子は、ボールプール大好きなので、とても喜んでいました。

 

・グローバーのコンストラクション

公式ページより

スチロール製の柔らかい巨大ブロックで遊べます。

色々な形があるので、全身を使いながら積んだり、並べたり・・・

 

他にも、ビッグバードのビッグネストという、蜘蛛の巣状の巨大ネットジャングルジムがあったり、アビーのマジカル・パーティのゾーンでは、大きな風船がたくさんあります。

公式ページより

●アビーのマジカル・ツリー

公式サイトより

木の中は、ネット状のジャングルジムになっています。

公式サイトより

推奨年齢は6歳~12歳までの子供なので、ちょっと3歳には難しめ。

ネットは下から3つの段になっていて、ネットのはしごを登りながら、頂上を目指します。

けっこう高さがあるので、6歳以下の子供は付き添い者必須で遊ぶことができます。

息子は、意気揚々と中に入っていきましたが、夜だったので暗かったのと、思ったより高くて途中で怖くなってしまいました。

なんとか支えながら、下に降りました。

一番下の地上には、クルーの方が1人いて、声をかけたり見守ってくれています。

 

●クッキーモンスターの滑り台

公式サイトより

クッキーモンスターのベロが滑り台になっています。

推奨年齢は、3歳~9歳まで。

お尻の下に、クッキー型のシート敷いて滑ります。

6歳以下の子は、付き添い者が必要です。

 

 

スポンサーリンク

プレイング・ウィズおさるのジョージ

プレイング・ウィズおさるのジョージは、シアターアトラクションです。

開催時間はきっちり決まっておらず、タイムスケージュールを見ると、随時運行となっています。

定員が、300名で所要時間は20分。

私たちが行った時は、ちょうど前のショーが終わる頃でした。

まだ並んでいる人はいませんでしたが、クルーの方に聞くと、「次の回まで少し時間があるけど、待ちますか?」と案内されました。

先頭に並び、15分くらい待ってシアター内に通されました

最初の部屋で、絵描きのクルーがジョージを描く工程を見せてくれます。

スクリーンがあるので、それを見ながら高い位置に立つ、絵描きのクルーの話を聞きます。

ここまでは、立ち見です。

そのあと、奥のシアターへと通されます。

シアターには、背もたれなしの長ベンチが並んでいます。

好きなところに座って、目の前のシアターを鑑賞するスタイルです。

ぶっちゃけ、先頭に並んで順番待ちをしても、ここで一気に人が押し寄せるので、モタモタしていると席がなくなります。

シアター前には、キッズスペースがあり、子供たちだけが入れるゾーンが用意されています。

椅子などはなく、床に直接座るか、膝立ちで見ていました。

床は、シアター全体がマットになっているので、子供に優しいです。

息子も、他の子に混じって、キッズスペースで1人で鑑賞しました。

シアターは最初に出てきた、絵描きのクルーの方が進行していきます。

ジョージは、CGですが、いつものジョージの声が聞こえると、子供たちは大興奮。

黄色い帽子のおじさんは、キャンパスの中に描かれているだけで、実際に人として登場することはありません。

シャボン玉がでてきたり、風がふいてきたり、突然暗くなったり。

笑ったり、驚いたり、参加型のショーだったので、とても楽しんでいました。

ショーの後には、シアターの外でジョージと会うことができました!

 

 

スポンサーリンク

2019年USJハロウィン限定ポップコーンバケツ

11月4日まで、販売している、USJの2019年ハロウィン限定ポップコーンバケツ。

息子に、ミニオンのポップコーンバケツを買ってあげたかったので、ゲットしてきました!

「“アイ・ラブ・ティム”ミニオンポップコーンバケツ」です。

ボブが、ティムの仮装をしているという、なんとも可愛いポップコーンバケツです。

 

目が左右に、キョロキョロ動きます。

 

ティムの仮装を外すと、いつものつなぎのボブに。

値段は、3500円です。

 

スポンサーリンク

USJの手荷物検査はどんな感じ?

事前に調べていた時は、 USJでは手荷物検査がないという声もちらほらネットで見かけましたが・・・

手荷物検査は、

あります!!

持っているカバン等の中身をチェックされます。

受付のクルーの方に、チャックを開けるように言われるので、自分で開けてから台の上に置きました。

中をゴソゴソされることはなく、目視で確認程度で終わりました。

息子が肩からかけていた、ポップコーンバケツの中身も確認されました。

最後に、「ハサミやカッターなど刃物はお持ちではありませんか?」と質問されます。

「持っていません」と、答えたら手荷物検査は終了です。

息子のミニ水筒をカバンの中に入れてましたが、とくに何も言われませんでした。

タピオカドリンクのような、飲み物を手持ちしていた人は止められていたので、あからさまな飲食物の持ち込みは禁止のようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

・USJは3歳の子供でも、楽しめるアトラクションがたくさん

・身長が92cmあれば、付き添い者必須で、アトラクションに乗れる

・ミニオン・ハチャメチャ・アイスなら身長92cmあれば乗れる

・ユニバーサル・ワンダーランドのアトラクションはほとんどが身長92cmあれば乗れる

・エルモのイマジネーション・プレイランドは、屋内遊び場として楽しめる

・乗り物が苦手ならプレイング・ウィズおさるのジョージのシアターが楽しい

 

The following two tabs change content below.
ママライター りか
ママライター りか
元気いっぱい3歳男児のママ。子育て情報、ママに役立つ情報をリアルタイムに発信中。
タイトルとURLをコピーしました